龍宮館で過ごした日々

遅くなってしまいましたが、5月のりんぐリンのライブ前に、高木リィラ先生のご自宅である龍宮館で過ごした日々の風景を記録として残しておきたいと思います。

 

寛いでお昼寝をする龍宮館の猫たち。

とらさん、落っこちないでくださいよ〜(本名:マナ)

 

スピカさんはどんな夢をみてるのかなぁ?

 

龍宮館のアイドル・キャット、キューちゃん(本名:マヤ)。

キューちゃんは、時々リィラ先生のみていないところ(洗面所とか)で、私に頭をこすりつけてゴロゴロ甘えてくれて幸せでした♡

そして、リィラ先生が通りかかると恥ずかしくなって逃げてしまうという(なんてカワイイ!)。

うちのニコは、ごはんをもらう直前ぐらいしか私にはそういうことをしないのです。とても現金な子です(笑)。

 

こちらは、ザラクビオオトカゲの愛称オットちゃん。

オットちゃんは愛称で、本名はリーラ。

リィラ先生のお名前はオットちゃんの名前がきっかけだそうですよ。

 

オットちゃんは、キッチンが大好きで、私が台所に立って作業していると登ってきたので、オットちゃんをくっつけたまま少し移動し、記念にリィラ先生に写真を撮っていただきました。

自然界では主に樹上で生活するそうなので、木登りは得意。

オットちゃんの性格はとても穏やかで、写真よりも実際に会ってみると本当に可愛いのです。

Photograph by Mika Takaki

 

 

リィラ先生と松本律子さんがライブのリハーサルをされている間、私はこんな料理も作っておりました。

マレーシア料理教室の復習をかねて作った海老料理のバタープロウン(写真右)。そして自分でレシピを調べてつくったナシゴレン。

 

こちらもマレーシア料理教室で習った、チクテー(鶏肉の漢方スープ)とレタスのおひたし。

 

この龍宮館で過ごした数日間は、女性3人で和気あいあいと合宿しているような雰囲気で(私は合宿所のスタッフ的な立ち位置だったのですが)、とても楽しく、ライブ自体も含め、本当に大切な思い出となりました。

 

 

さて、ライブの後日。

龍宮館の蛇さんたちと触れ合う機会をいただくことができました♪

こちらは、ブラジルレインボーボアのオシュマレさん。

しばらくずっとこの体勢でしたが、徐々にゆっくり動き始めて腕に巻き付いてくれたりしました。

Photograph by Mika Takaki

 

蛇と触れ合うというのは人生で初体験だったのですが、想像とは全然違って、サラッサラの触り心地!

見るだけだとヌメッとしているような印象を受けるのですが、全くそんなことはなく、サラサラですごく気持ち良いのです。

コーンスネークのブラッド・ムーンさんも、私の体の上を移動してくれて、蛇は波紋で動いているのだなと実際に体験して感じました。

 

また、リィラ先生とご一緒に広島市植物公園に赴き、写真撮影もしてきました。

そちらの写真はNPOヒーリング・ネットワークのサイトでご覧いただけますので、よろしければご覧ください。

ヒーリング・フォト・エッセイ #1〜広島市植物公園〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top