りんぐリン*RingLing*3rd Live “陰陽” ~Yin Yang~

2018年5月27日、<りんぐリン>のサード・ライブ”陰陽” ~Yin Yang~に行って参りました!

りんぐリンは、NPO法人ヒーリング・ネットワークの理事長で打楽器奏者&作曲家でもある高木リィラ先生と、マリンバ奏者&作曲家の松本律子さんが組まれたユニット。

これまで東京のレストラン「KOUCHI-YA」でのライブには参加したことがありましたが、malletKAT(電子マリンバ)ではない本来のマリンバでの律子さんの演奏とリィラ先生のコラボは初めて体験するものでした。

 

今回のライブ会場は、広島市佐伯区湯来町にある<ミュージックサロン白い森>。

こちらは、山の中にあり、常に鳥がさえずっているような自然豊かな場所。

クリックすると拡大

 

この場所に来ただけでもいやされるのですが、その開放感あふれる会場で奏でられる音楽がまた素晴らしい!

マリンバだけでなく北米インディアンの大太鼓等、大きな楽器の音が会場に響き渡ってとても迫力があり、KOUCHI-YAでのライブとは全く違う、アコースティックな要素の強いライブでした。

 

電子音と生楽器の音色の融合、律子さんの情熱的なマリンバ、リィラ先生の美しい歌声、身体に染み込んでくるメロディー、コロコロ弾む打楽器のリズム、お二人で両側から打ち鳴らされる大太鼓の大迫力の音色。

そして、おりんがあんなにジーンとくる良い音色だったとは・・・。

 

「夏至」第1楽章のメロディーの美しさに心打たれて涙し、律子さんのマリンバの演奏の合間に素早く引き上げられる鎖(!)の早わざや音色にも驚かされました。

 

深く堪能させていただき、本当に素晴らしい演奏でした。

りんぐリンのお二人が、途方もなく真摯に、真剣に、しかし楽しく、音楽を追求されている姿勢、気迫というものが伝わってきました。

 

また会場の<ミュージックサロン白い森>のオーナーである杉山ルミ子さんがお声掛けくださった音楽通の耳の肥えたお客様たちが、演奏を非常に楽しまれていたことが印象的で、りんぐリンのオリジナリティーあふれる音楽は、音楽通の方々にしっかりと届く音楽なのだなと感じて、それがまるで自分のことのように心底嬉しく思ったことでした。

あの空間にいられたことが、まさに至福でした。

高木リィラ先生、松本律子さん、杉山ルミ子さんを初めとする関係者の皆さま、本当にありがとうございました!!

 

私は、リィラ先生のご自宅である龍宮館の諸々をサポートするため、ライブの3日前から広島入りしていたのですが、近年稀にみる充実した数日間を過ごし、今でもまだ感動で胸がいっぱいです。

次回のブログは、そのライブ前の日々について書いてみようと思います。

 

All Photograph by Naoko Sasaki

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top