マレーシア食材求めてアメ横へ! そしてナシレマづくり♪

マレーシア料理の「ナシレマ」をつくるには、パンダンリーフやレモングラスといったアジア食材が必要。

ということで、初めてアメ横に行ってきました!

ちなみにパンダンリーフもレモングラスもなくてもつくれるそうなのですが、どちらもとても香りの良いハーブのため、本格的につくるにはやっぱり買いにいくべきでしょう、と思い、横浜市内から御徒町へGO!

 

食材店に行く前に、せっかく御徒町まで出るのだからと、ランチのお店を調べました。

そして、発見! 大好物の南インド料理店!

「アーンドラ・キッチン」というお店です。

写真がいまいちでごめんなさい・・・

 

ランチ・ミールスを頼みました。

カレー3種、サンバル、ラッサム、ポリヤル、チャパティ、ライス、パパド、ラッシーのセット

 

このお店、サンバルやラッサム、ライスもお代わりできるのです。

遅いお昼だったので、夕食を兼ねるべくライスをお代わりしてきれいに平らげました。

だってカレーが余るんだもの(笑)。

どれも美味しかったのですが、特にサンバル(写真の一番左の器に入ったもの)が抜群に美味しかったです。

 

お腹を満たして、いざアメ横へ!

クリックすると拡大

こんなに人がいますが、金曜日の午後3時頃の写真です。

賑わってます。

 

アメ横センタービル地下食品街の野澤屋さんで、ハーブやら、スパイスやら、ジャスミン米やら、たくさん買ってきました♪

ずっと欲しかったバナナの葉も!

 

以前、探し回って見つからなかった冷凍のカレーリーフもちゃんと扱っていました。

タイ食材のコブミカンの葉(バイマックルー)とか、南インド食材のヒーンズという珍しいスパイスまで購入し、重い荷物が気にならないぐらいホクホクしながら帰宅しました。

 

そして、翌日。

つくりましたよ、ナシレマを。

サンバルソースは料理教室でお土産にいただいたものを使用しました。(クリックすると拡大)

 

ナシレマ、ちゃんと美味しくできました。

いただいたサンバルソースが美味しいのだから、当然といえば当然ですね♪

それにしても、こんなに本格的なマレーシア料理がおうちで作れるとは、素晴らしいです。

マレーシアごはんの会」の料理教室のおかげです。有り難いなぁとしみじみ思います。

 

今回は、イカンバカールという焼き魚をつくったので、魚屋さんでアジを買ってきて自分で捌きました。

お魚料理教室で学んだことが役立っています。

 

次回のマレーシア料理教室は、3月開催の「漢方スープ鶏骨茶(チクテー)と簡単ベジ料理」。

早速申し込みました。次回も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top