魚を捌き方を身に付ける! 〜サバ編〜

マレーシア料理教室の数日後、魚の捌き方を習う料理教室に行ってきました。

私が通っているのは、ベターホームの「お魚基本技術の会 秋冬コース」。

魚を捌くことに特化した料理教室で、その後簡単な調理も行ないます。

11月から半年のコースを受講しているので、2回目の参加です。

 

今回のテーマは鯖[サバ]。

前回はイワシだったので、それなりに大きさのあるサバは捌き甲斐のある魚です。

私は、サバを捌くのは今回が初めて。

というより、この料理教室に通う前は、イワシの手開きしかしたことがありませんでした。

 

魚を捌いているときに先生が回ってきてくれますので、途中でわからなくなっても、気軽に質問することができます。

少し戸惑いつつも、教えていただいたおかげでなんとか3枚におろすことができました。

中骨に身が結構残ってしまったので、家で練習が必要です。

 

途中の写真を載せたいところなのですが、この料理教室では習っている最中の写真撮影は禁止。

ですが、先生のデモンストレーションが終わって、いざ調理となると、撮影しているような余裕はなくなります(笑)。

魚を各自が捌いたら、班ごとで協力し合ってテキパキと調理や洗い物を進めないと、時間がなくなってしまうのです。

 

今回、サバ料理は3品作ったため、かなり充実した内容となりました。

調理後は写真撮影しても良いため、記念にパチリ。

左上から焼き鯖寿司、鯖の韓国風煮つけ、鯖とあらの鍋仕立て。

 

サバのあらが入った鍋は、もしかしたら初めて食べたかもしれないのですが、いいお出汁が出ていて、とても美味しかったです。

魚を捌けるようになると、一尾まるごと使えるため、あらも使えるところがいいですね。

煮付けもふっくらとして、味が染みていて美味でした。

 

写真の焼き鯖寿司は、料理教室の先生が事前に作られていたものです。

焼き鯖寿司は作ってから1日ぐらいおいた方が美味しいとのことで、自分たちが作ったものはお持ち帰りしました。

 

そして翌日、家で食べた焼き鯖寿司が、冒頭にも掲載していたこちら。

 

鯖が肉厚で、すごく食べごたえがありました。

これも美味しかったので、お正月用に作れるといいなと思っています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top